絆の象徴、婚約指輪|とびきりハッピーウエディング

より良い結婚式にするため知っておきたいこと

NEW

婚約指輪

プロポーズしたい女性に贈る指輪は、最高なものにしましょう。ダイヤモンドがシンプルにのっている指輪や指輪全体にダイヤモンドを敷き詰めた指輪など様々な指輪があります。インターネットで調べてみましょう。

続きを読む

ドレスのレンタル

ウエディングなどの祝い事には、それにふさわしい衣装で臨む事が必要です。レンタルドレスを利用することで、より良い雰囲気を作り出すことが可能になっていくと言えるのです。

続きを読む

二次会の衣装

結婚式の二次会もまた、非常に盛り上がるべき場です。そのため二次会における様々な要素をしっかりと抑えるために、二次会用のドレスを利用することが重要なのです。レンタルサービスを利用することがよいでしょう。

続きを読む

2人を繋ぐ指輪

ダイヤモンドが輝く婚約指輪を購入したくはありませんか?これから一生を共にする方に贈って二人で大きな幸せを築いてください。

どのくらいの価格が適当なのでしょうか?婚約指輪の相場が気になるならこちらのサイトをチェックしてみてくださいね!

婚約指輪の意味について

将来を共にきてくことを決めて結婚までの準備へとむかっていくと思います。そこで疑問に思うのが、婚約指輪と結婚指輪の違いについてです。結婚指輪の存在は誰しも知っていると思いますが、婚約指輪はなぜ必要なのかと考える男性もいるかもしれません。婚約指輪とは結婚してくださいとプロポーズする際に結婚の約束の証として男性から女性へ贈る指輪の事です。女性は誰しもが好きな人からのプロポーズと婚約指輪を夢見ているものです。昔は給料の3ヶ月分などと言われており、婚約指輪は光輝くダイヤモンドのイメージがある方もいるかもしれませんが、今では好みで誕生石などを購入するカップルもいるようです。ただ昔からのしきたりなのかダイヤモンドは今でもだんとつで選ばれています。

エンゲージリングの歴史

婚約指輪は別の呼び方でエンゲージリングとも呼ばれます。婚約指輪の歴史は古く古代ローマ時代より存在していました。指輪を結婚したい女性に贈るという儀式は愛を確認するうえで大切にされていたと言われています。とは言っても昔の婚約指輪は何の飾りもついていない鉄製のリングだったと記録にあります。紀元前400年頃ほどになると愛の言葉などを刻みこんだ指輪なども存在したとされています。今でも指輪の裏側などに好きな言葉を刻んでもらう事は可能です。それが紀元前400年頃からあったとは驚きです。だんだん裕福な貴族たちは金で指輪を作るようになり、現在のダイヤモンドリングになったのは3世紀頃のローマが始まりとされています。とても歴史は長いのです。

記事一覧

オリジナルの指輪

二人で力を合わせることで、より二人の絆が深まると言えるでしょう。手作りの結婚指輪を作り出すことでで、より良い結婚式を迎えることも可能だと言えるのです。それぞれ利用してみましょう。

続きを読む

結婚指輪を選ぶ

結婚指輪を選ぶとなると、人気の指輪を知っておくとスムーズに選ぶことができます。結婚指輪の場合昔からシンプルなデザインが人気ですが、今では多くのデザインが誕生しているのでランキングなどを参考に選ぶと良いでしょう。

続きを読む